新型コロナ プロサッカーチームに外国人選手がコロナ感染

新型コロナウイルス感染症対策センターは9月11日、新たに7人の感染が確認されたと発表した。新規感染者は、8月31日に入国したロシア人少年(14)、9月5日にサウジアラビアから戻った女児(2)と男児(8)と男性(45)、インドから戻った女性(33)と男性(31)、インドから入国したインド人男性の計7人となっている。

また、保健省疾病対策局によれば、東北部ブリラム県のサッカーチーム「ブリラム・ユナイテッド」に所属しているウズベキスタン人選手の男性(29)が新型コロナに感染していることが判明した。男性は8月13日にタイに入国し、2週間の隔離を経て、その後の検査で陰性だったが、先に行われたタイ・サッカー協会所属の選手やスタッフ計1115人を対象とした検査で陽性との結果が出たとのことだ。今のところ感染したのが入国前か入国後かは不明という。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る