英アストラゼネカ社の新型コロナワクチンをタイで生産

バンコクの在タイ英国大使館はこのほど、タイとこの地域の国々での臨床試験に向けてタイが英国の製薬会社アストラゼネカの新型コロナワクチンの生産、供給を担うことになったと発表した。ただ、このワクチン候補「AZD1222」がタイにどの程度の量(何人分)提供されるかは明らかにされていない。

タイ保健省は、ワンチンはオックスフォード大学の研究者によって開発されているもので、タイでの生産はサイアム・バイオサイエンス社が担当する予定だと発表した。同社首脳によれば、来年半ばにはワクチン接種が開始できる見通しという。

関連記事

ページ上部へ戻る