新型コロナ タイ入国の日本人男性会社員に陽性反応 11月16日発表

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は11月16日、会社員の日本人男性(28)のコロナ陽性が確認されたと発表した。この男性は11月13日に入国し、バンコク都内のホテルに隔離されていたが、当初から鼻づまり、疲労感、下痢などの症状があり、隔離ホテルで行われたコロナ検査で陽性が判明した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る