世論調査 新型コロナワクチン接種希望するタイ人は約7割

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は12月12日、調査対象のタイ人の約7割が新型コロナワクチン接種を希望しているとの世論調査結果を発表した。調査は12月7日から11日にかけてタイ国内で実施され、724人が回答した。

「タイでワクチン接種が可能になったら接種を受けるか」との質問に68.9%が「受ける」、15.2%が「わからない」、5.2%が「受けない」と回答した。

複数の国で新型コロナワクチン接種に向けた手続が執られているが、これらの国では副反応などへの懸念から接種を受けないという人も相当数に上っている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る