プラユット首相 「今年中に国民の半数にワクチン無料接種」 

プラユット首相は1月6日、「今年中に国民の半数が無料で新型コロナワクチンの接種を受けることができる」と改めて説明した。首相によれば、中国の会社から200万回分のワクチンの提供を受ける予定だが、そのうち20万回分が2月にタイに届けられる予定という。

このほか、英アストラゼネカ社とオックスフォード大学が開発したワクチンについても購入が予定されている。さらに、アヌティン保健相によれば、政府はワクチンを独り占めする考えはなく、民間企業が外国からワクチンを輸入し、保健当局の承認のもとに国民に接種することは禁止しないとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る