14日間のホテル隔離中、4日目から外出を許可する緩和措置検討へ

タイを訪れる外国人観光客に便宜を図るため、14日間のホテル隔離中の4日目から外出を可能とする案が出ている。これは「エリア・ホテル検疫(AHQ)」と命名された案で、3月6日に開かれた主要観光地のチェンマイ、プーケット、クラビ、スラタニ、チョンブリの5県を対象とした制限緩和措置に関する会議で取り上げられたもの。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る