タイ製ワクチン 欧州・米国の研究機関の品質検査に合格

アストラゼネカ(タイランド)社は5月9日、タイでサイアム・バイオサイエンスが製造しているアストラゼネカの新型コロナワクチンについて、欧州と米国にあるアストラゼネカ社指定の研究機関が検査を行って品質に問題のないことを認めたと発表した。

アストラゼネカ社はタイでのワクチン大量生産を進めるため、これまでに必要な手続を踏んでおり、これに加えて品質検査をパスしたことで、同社首脳は、「タイ政府へのワクチン納入に向けた重要な進展」と話している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る