コロナワクチン不足 複数の病院が集団接種を一時中止

6月7日にタイ全国規模で開始された新型コロナワクチンの集団接種だが、バンコクなどではワクチンが足らないため複数の病院が集団接種を一時中止した。

これについてアヌティン保健相はバンコク都庁に責任転嫁。一方、都庁はワクチンが予定通りに供給されていないと政府を批判するなど泥沼化。このため、キアティプム保健事務次官は6月13日、想定を下回る量のワクチンしか入手できていないのが現状だと釈明するとともに、ワクチン不足に伴い7月から9月にかけて実施する集団接種計画が大幅に修正される可能性に言及した。

アーカイブ

ページ上部へ戻る