コロナ感染悪化で制限強化措置の期間延長、対象エリアも拡大

政府は新型コロナの感染拡大が続いていることから、感染リスクが最も高いとされた13都県を対象に県境を越えた移動と夜間外出を禁止する制限強化措置を執っていたが、8月3日からその対象地域を29都県に拡大し、措置実施期間を2週間延長することを決めた。

新型コロナウイルス感染症対策センターの広報担当者によれば、同センターは8月18日に措置延長などの効果について検討する予定だが、改善が見られなかった場合、措置実施が8月末まで再延長される可能性もあるという。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る