タイ入国時のコロナ陰性証明 4月1日から廃止

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は3月18日、外国人旅行者がタイ入国時に義務づけられている新型コロナの陰性証明書提示を4月1日から廃止することを承認した。これによって入国者は入国時のPCR検査と5日後の抗原検査(ATK検査)を受けるだけで済むことになる。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る