タイからの輸出 年末にかけ減少傾向続くも通年ではプラス成長か

タイ商務省によれば、タイからの輸出は、世界経済の減速に伴い12月も減少傾向が続いているものの、通年の前年比では7%増となる見通しという。

チュリン副首相兼商務相は12月27日、「12月は輸出減少がなかなか改善しないが、これは比較対象の昨年12月の輸出が比較的良好だったことが一因」と説明している。なお、11月の輸出も前年同月比6%の減少だった。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る