今年のタイ輸出成長率をマイナス1%に下方修正 JSCCIB

タイの主要産業3団体で構成されるタイ商業・工業・金融合同常任委員会(JSCCIB)はこのほど、世界経済の減速が予想されることから、今年のタイの輸出成長見通しをマイナス1%に下方修正した。最良のシナリオでも今年の輸出はゼロ成長にとどまると見通す。

JSCCIBは今年初め、今年の輸出が1~2%成長するとの見通しを示していたが、インフレ高進、原油の値上がり、ロシアのウクライナ侵攻などの影響が継続しているとして見通しを下方修正した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る