2018年第4四半期 上場企業の純益が4割減 大手証券が予測

証券取引会社のフィナンシア・サイラス・セキュリティーズは、昨年第4四半期(2018年10~12月)におけるタイ証券取引所(SET)上場企業の純益は、世界経済の減速、原油の値下がりなどで前年同期を39~40.5%落ち込んでいるとの予測を発表した。

また、昨年1年間の純益も9700億バーツ程度にとどまり、市場の予想を下回る見通しとのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

ページ上部へ戻る