消費者信頼感指数が2カ月連続で上昇 総選挙・中国人旅行者増などが後押し

タイ商工会議所大学(UTCC)によれば、消費者信頼感指数が今年1月に続き2月も前月を上回った。

3月24日の投票日に向けて選挙運動が展開されていることとタイを訪れる中国人旅行者数が増加に転じていることが指数アップの理由という。指数は昨年12月が79.4、今年1月が80.7、同2月が82だった。

消費者信頼感指数はUTCCが独自調査に基づいて毎月発表している。

関連記事

ページ上部へ戻る