タイ国境貿易が減速 バーツ高高進などが原因

タイ商業省外国貿易局は3月26日、2月の国境貿易が前年同月比2.47%減の838億バーツにとどまったと発表した。バーツ高の高進と中国製品との競争激化が最大の要因という。

2月の国境貿易の内訳は、輸出が前年同月比3.77%減の484億バーツ、輸入が同0.63%減の353億バーツで、同月の貿易収支は131億バーツの黒字となった。

関連記事

ページ上部へ戻る