財務省 今年の経済成長見通しを0.2ポイント下方修正

財務省財政政策室(FPO)はこのほど、今年のタイ経済成長見通しを4%から3.8%に下方修正した。これはタイの輸出が世界経済減速の影響を受けるとの予想に基づいたものだ。今年第1四半期(1~3月)の輸出は1.6%の成長にとどまり、見通しの2%を下回っていた。

なお、政府のシンクタンクである国家経済社会開発委員会(NESDB)とタイ中央銀行の今年のタイ経済成長見通しはそれぞれ3.5~4.5%、3.8%となっている。

関連記事

ページ上部へ戻る