財務相 政策金利引き上げに否定的見解 「中小企業に悪影響」

タイ中央銀行金融政策委員会(MPC)は9月19日の会合で政策金利の据え置きを決定したが、利上げに前向きな意見もあったことから、「近い将来に利上げされる」との見方が強まっている。

その一方で、アピサク財務相は「プラスの効果が期待できない」として政策金利引き上げに否定的な考えを示した。財務相によれば、利率を引き上げても、物価上昇は促進されず、逆に中小企業の経営に悪影響を与え、バーツ高も高進することになるとのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る