タイ船荷主評議会 輸出成長見通しを3%か1%に下方修正

タイ船荷主評議会(TNSC)は4月に今年の輸出成長見通しを3%と発表していたが、このほど1%に下方修正した。

カンヤパットTNSC議長によれば、米中貿易摩擦は収束の兆しが見えず、世界経済も減速しており、タイの輸出は当初予想していたほど伸びない可能性が高いとのことだ。

タイ商業省の発表によれば、第1四半期(1~3月)の輸出は805億米ドルにとどまり、前年同期を1.9%下回った。

関連記事

ページ上部へ戻る