タイ銀行協会 新政府に租税関連の景気刺激策求める

プラユット現暫定首相が引き続き首相を務める新政権が誕生する運びとなったが、タイ銀行協会(TBA)はこのほど、低迷しているタイ経済に活力を与えるため、租税関連の景気刺激策を導入するよう新政権に求めた。

プリーディーTBA会長によれば、総選挙から新政権誕生までに時間がかかり、来年度(今年10月~)の国家予算を年度開始までにまとめることができないことが予想されることから、税優遇措置により不動産部門を活性化し国内消費を促進するなどの景気刺激策を早急に導入することが必要とのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る