ガソホール・バイオディーゼル 3年以内に価格補助廃止か

エネルギー基金管理研究所(EFAI)のウィラポン所長によれば、EFAIはガソホールとバイオディーゼルに対する価格補助を3年以内に廃止することを検討している。価格補助によって燃油価格の安定性に影響が出ているためという。

現在ガソホール95E20と同E85、バイオディーゼルB10と同B20の4種類について価格を一定にするため官営オイルファンドによって補助が行われている。だが、補助金はほかの燃油への課税によって賄われており、燃油価格が全体として歪な状態となっているという。

今年9月には燃油価格の安定化を目的とした新法が発効することから、この新法の下、3年後に補助を廃止することが検討されている。

関連記事

ページ上部へ戻る