プーケット コンドミニアムの売り出しが拡大 観光産業の成長受け

不動産コンサルタント会社のコリアーズ・インターナショナル・タイランドによれば、観光の島として世界的に知られた南部プーケット県では観光産業の成長と官民の投資増大に伴い、コンドミニアムの需要が拡大している。同県における今年のコンドミニアムの売り出しは2012年以降最高の6200ユニット以上に上る見通しという。

今年1~5月期は10件以上のコンドミニアム・プロジェクトで販売がスタートしており、そのユニット数は過去5年で最高の2742となっている。今年下半期には3500ユニットほどが売りに出される見通しだ。

関連記事

ページ上部へ戻る