今年の輸出成長率は1%減 タイ船荷主評議会が下方修正

米中貿易摩擦は首脳会談再開により当座はエスカレートが避けられそうな状況だが、タイ船荷主評議会(TNSC)は7月2日、今年のタイの輸出成長見通しを6月初め発表のプラス1%からマイナス1%に下方修正したと発表した。

カンヤパットTNSC議長によれば、米中貿易摩擦のほか、バーツ高、原油価格変動、作物価格下落などのマイナス要因が輸出にブレーキをかけることが懸念されるという。

関連記事

ページ上部へ戻る