タイ・中国合弁企業 フリーズドライ・ドリアン生産工場をオープン

タイ南部ソンクラ県テーパー郡で7月7日、中国人投資家とタイ側パートナーが設立した合弁会社「マングワン・フード」のフリーズドライ・ドリアン工場オープニングセレモニーが執り行われた。

タイ南部を支持基盤とする民主党のニポン副党首、南部国境県管理センターのソムキアット事務局長や関係者など合計500人あまりがセレモニーに列席した。

総工費約7億バーツの同工場は従業員約1200人が中国向けフリーズドライ・ドリアンの生産に従事する。同工場では年間1万2000トンのドリアンのフリーズドライ加工が可能という。

関連記事

ページ上部へ戻る