新財務相 生活費増大抑止、融資拡大など優先政策を発表

新政権の財務相に就任したウッタマ氏は執務開始に当たって、生活費の増大に歯止めかけること、融資を受けやすくすること、妊婦への福祉サービスを手厚くすること、保健サービスを改善することーなどが財務省の優先課題と発表した。

このほか、医療サービスを受けやすくすること、大病院に患者が集中して長時間待たされる問題を緩和すること、貧しい家庭の優秀な学生を支援することーなどにも力を入れる方針という。

ウッタマ財務相は、「緊急性のあるものには来年度(今年10月-来年9月)の予算から、それ以外は再来年度の予算から資金を割り当てる」と説明している。

関連記事

ページ上部へ戻る