タイ空港社 パンガ空港建設を計画 「アンダマン・トライアングル」の観光促進

タイ空港社(AOT)がタイ南部パンガ県に国際空港を建設することを計画しているが、これによりクラビ、パンガ、プーケット3県で構成される「アンダマン・トライアングル」の観光促進が期待されている。

これら3県の観光業界では、クラビ空港とプーケット空港は利用者が多く混雑していることが問題となっているが、パンガ国際空港が建設されることでアンダマン・トライアングルを訪れやすくなるとのことだ。

なお、パンガ国際空港は総工費が6000万バーツで、2025年に開業の見通し。

関連記事

ページ上部へ戻る