追加景気刺激策に3160億バーツ投入 干ばつ被害者・低所得者支援など

政府は8月16日の経済閣僚会議で、新たに景気刺激策を実施するなどして今年のタイ経済成長率を3%以上に押し上げるため、総額3160億バーツの予算投入を決めた。

景気刺激策の主な目的は、干ばつで影響を受けている人々への支援、世界経済減速がタイ経済に与える影響を軽減すること、低所得者と高齢者への支援―の3つとなっている。これらの景気刺激策は次回の閣議で承認される予定。

関連記事

ページ上部へ戻る