3160億バーツの景気刺激策をタイ商工会議所が評価 「経済成長を後押し」

政府が先に承認した3160億バーツの景気刺激策について、タイ商工会議所大学(UTCC)はこのほど、速やかに刺激策を具体化すれば、経済成長促進に効果があるとの調査結果を発表した。

タナワットUTCC副学長は、「景気刺激策は経済全体に確実に影響するものであり、可能な限り早く実施する必要がある」と訴えた。

調査によれば、今年第3四半期と第4四半期にそれぞれ477億~610億バーツ、1030億~1220億バーツを投入することで、今年のタイ経済成長率が2.8~3%に達する可能性が高いという。

関連記事

ページ上部へ戻る