7月の国内消費減速 VAT収入が前年比で9%減少

財務省財政政策室(FPO)によれば、国内消費活動の指標である付加価値税(VAT)収入であるが、7月は前年同月比9.1%減となり、6月の同5.6%減を上回る落ち込みとなった。

今年1~7月期の累計VAT収入は前年同期比0.5%の減少だった。

7月の減少率が大きかったのは、比較対象である昨年7月の数値がよかったことも理由。

関連記事

ページ上部へ戻る