タイからの輸出で自由貿易協定の特典利用が減少

外国貿易局の報告によれば、今年1~7月期、タイからの輸出で自由貿易協定(FTA)の特典を利用するケースが前年同期比2.32%減の391億米ドルとなった。バーツ高の高進と米中貿易戦争のエスカレートが要因という。

一方、特恵関税制度(GSP)を利用した輸出は今年1~7月期、30億5000万米ドルに増加し、前年同期を18.6%上回った。

なお、同期間におけるFTA特典とGSPを利用した輸出の合計は、前年同期を2.08%下回っている。

関連記事

ページ上部へ戻る