タイ中銀が予測 第3四半期の経済成長率が前期上回る

タイ中央銀行の予測によれば、観光業界の先行きが明るいことや政府が先に大型景気刺激策を決めたことなどで第3四半期(7~9月)のタイ経済成長率が第2四半期(4~6月)の2.3%を上回った。

刺激策は総額3160億バーツを投入するもので、これにより政府は今年のタイ経済成長率が3%を超えると見込んでいる。

なお、タイ経済の主要牽引役である輸出については、第2四半期の実績から判断して通年では前年を1%下回ると予想されている。

関連記事

ページ上部へ戻る