税金・登録料引き下げで環境に優しい車の普及促進へ 運輸相が提案

バンコク首都圏が直面している大気汚染問題を解決するひとつの手段として、サクサヤム運輸相はこのほど、環境に優しい車への切り替えを促進すべく電気自動車やハイブリッドカーなどの税金税率と車両登録料金を引き下げることを提案した。さらに汚れた排気ガスをまき散らしている車両の税率や登録料金は引き上げられる可能性があるとのことだ。

さらに、短期的な大気汚染対策として運輸省は公害対策局と協力してバンコク首都圏でバスと大型トラックの排ガス検査を強化する予定。

関連記事

ページ上部へ戻る