SET上場企業経営者が予測 下半期のタイ経済は減速

タイ証券取引所(SET)に上場している企業118社の経営者を対象に最近実施された調査の結果によれば、今年下半期(7~12月)はそれぞれの事業部門で落ち込みが予想され、タイ経済の成長スピードは減速する見通しだ。

原因は、米中貿易摩擦、バーツ高、輸出低迷など。同調査では、貿易摩擦をマイナス要因とした経営者が85%にのぼったという。

このほか、今回の調査では、今年下半期の輸出について36%が「これまでと変わらない」、33%が「さらに落ち込む」、31%が「改善が期待される」と回答した。

関連記事

ページ上部へ戻る