ウッタマ財務相 年明け景気刺激策導入を視野に準備進める

ウッタマ財務相によれば、政府は年が明けてから景気刺激策の導入が必要となった場合に備え今から準備を進めているとのことだ。

国際通貨基金(IMF)は来年の世界経済について確実性を欠くとの見通しを示しているが、タイ経済に対しても厳しい見通しを示している。このため、ウッタマ財務相は、必要な場合は速やかに景気刺激策を実施してタイ経済が落ち込まないようすることが肝要だとしている。

なお、タイ政府は今年8月に総額3160億バーツを投入する景気刺激策を発表しており、それが現在実施されている。

関連記事

ページ上部へ戻る