今年のタイ経済成長率は2.5%以下か 何としても避けたい予算執行遅延

タイ商工会議所によれば、今年のタイ経済成長率は、干ばつ被害、バーツ高、今年度予算の執行遅延、首都圏などの大気汚染、新型コロナウイルス問題などのため2.5%に届かない可能性があるという。

同商工会議所のカリン会頭は、「民間部門にとり最も大きなリスクは今年度予算の執行が遅れること。予算は2月末までに執行されなければならない」と指摘する。

今年度(昨年10月~今年9月)の国家予算案は先に下院で承認されたものの、下院議員2人が不在であったにもかかわらず賛成票を投じたことになっており、憲法裁判所が予算案承認の合憲性について判断を下すことになっている。違憲と判断された場合は予算執行の遅延が確実視されている。

関連記事

ページ上部へ戻る