ビジネス信頼感指数が11カ月連続で下落  新型肺炎・大気汚染・バーツ高などの影響懸念

タイ商工会議所大学(UTCC)は2月13日、今年1月のビジネス信頼感指数が45.4に下がり、昨年12月の45.7を下回ったと発表した。これで前月比の指数下落は11カ月連続となった。

同指数は事業所を対象とした調査に基づいたもので、毎月発表されている。指数の下落に歯止めがかからないことについて、タナワットUTCC学長は、「事業者はタイ経済の低迷、バーツ高、干ばつの影響、輸出不振、大気汚染、新型コロナウイルスの感染拡大問題がビジネスに及ぼす影響を懸念している」と説明している。

関連記事

ページ上部へ戻る