新型肺炎感染拡大でタイの経済成長率が1ポイント下落の可能性

政府貯蓄銀行(GSB)傘下のGSBリサーチによれば、新型肺炎の感染拡大が終息するまでに6カ月を要した場合、タイは今年、1700億バーツに及ぶ観光収入を失い、経済成長率が1ポイント下落する可能性があるという。

チャチャイGSB総裁によれば、このシナリオではタイを訪れる中国人が350万人減少するとされている。

一方、新型ウイルス問題が3カ月で収まった場合、訪タイ中国人は今年160万人減少し観光収入が800億バーツ減となり、経済成長率が0.4ポイント押し下げられる見通しとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る