タイ消費者信頼感指数が過去21年で最低値を記録 新型コロナで莫大な経済損失

タイ商工会議所大学(UTCC)は4月9日、3月の消費者信頼感指数が1999年4月以来最低となる50.3に落ち込んだと発表した。今年上半期だけでタイに1兆~1兆5000億バーツに及ぶ経済的損失をもたらす可能性のある新型コロナウイルスの感染拡大がその最大要因。また、同指数は2月を下回っており、これで12カ月連続して前月を下回ったことになる。

消費者信頼感指数は、UTCCが独自調査に基づき毎月発表している。

関連記事

ページ上部へ戻る