タイ工業連盟 今年の自動車生産は37%減の見通し 

タイ工業連盟(FTI)自動車産業部会のスラポン部会長によれば、今年のタイの自動車生産はこれまでの見通しを37%下回る133万台あまりにとどまる見通しだ。

ただ、新型コロナ問題が6月まで長引けば、50%減の100万台程度に落ち込む恐れもあるという。

新車販売であるが、今年2月が前年同月比17.1%減、3月は同41.7%減となっている。

関連記事

ページ上部へ戻る