新型コロナ感染拡大第2波発生ならタイ経済成長率はマイナス10%

キアットナキンパトラ・ファイナンシャルグループのスパウット顧問によれば、政府が非常事態宣言を解除したあとに感染拡大の第2波が発生するという最悪のシナリオが現実のものとなった場合、今年のタイ経済の成長率がマイナス10%にまで落ち込む恐れがあるという。

一方、世界経済については、世界各地で第2波が起きれば、今年は6%程度のマイナス成長となり、来年はさらに悪化することも懸念されるとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る