タイ商業・工業・金融合同常任委、輸出のさらなる落ち込みを懸念

タイ工業連盟、タイ貿易院、タイ銀行協会の民間3団体からなる産業横断的な組織であるタイ商業・工業・金融合同常任委員会(JSCCIB)はこのほど、今年のタイ輸出成長率が新型コロナ感染拡大によりマイナス5~10%に落ち込む恐れがあるとの見方を示した。これは先の予想マイナス2%を下回るもの。

また、JSCCIBによれば、新型コロナが今年のタイDP成長率を3~5ポイント押し下げることが予想されるという。このほか、スパンJSCCIB議長は、「タイ政府が感染拡大の第2波を阻止して経済再生が始まるのを可能にすると確信している」との見解を示した。

関連記事

ページ上部へ戻る