タイ中銀がバーツ高の高進を警戒 抑制措置を用意

タイ中央銀行のマティー副総裁はこのほど、バーツ高の高進がタイ経済にさらなる痛みを与えることになるため、中銀としてバーツ高が進むのを抑止すべく必要な措置を講ずる用意があると述べた。

新型コロナウイルスを取り巻くタイとこの地域の状況が改善しつつあることから、投資家の中には短期的な利益を見込みタイなどに資金を投入する者が出ることが予想されるが、投資先としてのタイの人気が高まった場合、バーツ高がさらに進むことが懸念されている。そのため、タイ中銀としてはこのような動きは歓迎できないという。

なお、6月1日のバーツ相場は1ドル31.74バーツで、過去2カ月で最高のバーツ高となっている。

関連記事

ページ上部へ戻る