タイ経済成長はマイナス6.5% アジア開発銀行が予想

フィリピンのマニラを拠点とするアジア開発銀行(ADB)はこのほど、今年のタイ経済は、新型コロナ禍により国内消費や投資が落ち込んでいることからマイナス6.5%の成長率となるとの見通しを明らかにした。

これはADBが先に示していた見通しを下回るもの。この見通しが現実のものとなれば、経済の落ち込みはASEAN加盟10か国でタイが最悪となる。

関連記事

ページ上部へ戻る