今年前半に400の工場が廃業 ただ、昨年同期を262下回る

工業省工場局によれば、新型コロナウイルスが猛威を振るった今年上半期(1~6月)に全国で404の工場が廃業に追い込まれ、工場労働者1万6680人が失職した。工場閉鎖に伴う損失額は254億バーツにのぼる見通しだ。

ただ、同局のプラコープ局長は、「前年同期も666に及ぶ工場が廃業しており、今年上半期については深刻ではなく、どちらかと言えば通常と考えている」と話している。

また、今年上半期に新規に登録された工場は1702で総投資額1748億バーツ。前年同期をそれぞれ10.2%、14.1%上回った。

関連記事

ページ上部へ戻る