世銀エコノミスト タイの経済回復には2年が必要

世界銀行のエコノミスト、アーヴィンド・ナイアール氏によれば、新型コロナウイルス問題で打撃を受けたタイ経済が元の状態に回復するのに2年かかる可能性があるという。これは、タイのGDPに大きく貢献している貿易と国際観光が打撃を受けていることによるもので、タイはこの地域で最も経済的被害を受けた国のひとつとのことだ。

同氏はまた、「タイは経済を活性化させるため東部経済回廊(EEC)といった大型インフラプロジェクトへの投資を継続するとともに失業者を減らすように努力する必要がある。このほか、公共投資のシステムを改めて透明性と合理性を高める必要もある」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る