今年のタイ経済成長率 最悪のケースでマイナス11.4%の可能性も

タイ商工会議所大学(UTCC)によれば、今年のタイ経済成長率は最悪の場合、マイナス11・4%にまで落ち込む可能性があるという。新型コロナウイルスの感染拡大のせいで外国人観光客が激減しているほか、輸出も大打撃を受けていることなどが主要因だ。

同大学は4月時点で今年のタイ経済成長率をマイナス3.4~4.9%と見積もっていたが、最新の予測ではさらに大きく落ち込むことになった。

なお、今後大きく改善しないが悪化もしない場合の今年のタイ経済成長率であるが、同大学ではマイナス9.4%、最善のケースでマイナス8.4%になるとの見通しを発表している。

関連記事

ページ上部へ戻る