タイ中銀 政策金利を0.5%に据え置き

タイ中央銀行は8月5日の金融政策委員会(MPC)で政策金利を0.5%に据え置くことを決めた。

このほか、MPCでは、世界的な資金のだぶつきの影響でタイへの外国資金流入が増加してさらなるバーツ高を招く恐れがあることから、バーツ相場を注視してゆくことが合意された。

関連記事

ページ上部へ戻る