タイ経済立て直しのための特別機関を新設 閣議決定

政府は8月13日の閣議で、新型コロナウイルスの感染拡大で大打撃を受けたタイ経済を立て直すためのセンター設置案を承認した。正式名称は「経済状況管理センター」。この機関は、新型コロナウイルス感染症対策センターと同じレベルの権限を持ち、プラユット首相が最高責任者、経済閣僚・内相・労相・タイ中央銀行総裁・民間3機関の代表など22人が委員を務める。

ラチャダ政府副報道官によれば、センターの役割は、経済問題の解決案を打ち出すこと、および政府による経済立て直しを監督することなど。

関連記事

ページ上部へ戻る