シグナの旅行保険料収入が9割減 一方、健康保険は好調

米国に本拠を置く世界的な医療サービス企業であるシグナのタイ現地法人、シグナ・タイランドによれば、新型コロナの感染拡大に伴う移動制限により今年の旅行保険料収入が前年を9割ほど下回る見通しという。

シグナの旅行保険は、外国旅行するタイ人を主な対象としているが、今年は保険料収入があったのは1月と2月だけで、3月からは皆無となっている。

ただ、主力商品の健康保険は売り上げが伸びているため、今年上半期の同社の売り上げは全体で24億バーツに上り、前年同期を17%上回った。

関連記事

ページ上部へ戻る