消費者信頼感指数が4カ月連続で改善 第2四半期が底か

タイ商工会議所大学(UTCC)は9月9日、8月の消費者信頼感指数が51に上昇し、7月の50.1を上回った。同指数は4月47.2、5月48.2、6月49.2だった。

タナワットUTCC学長は、「4カ月連続で指数が改善したことになるが、これは消費者のほとんどが第2四半期(4~6月)に経済が底を打ったと考えている証」と話している。指数は新型コロナの感染再拡大がなければ、今後も上昇し続ける見通しという。

関連記事

ページ上部へ戻る