船荷主団体がタイからの輸出見通しを2ポイント上方修正

タイ船荷主評議会(TNSC)はこのほど、国際市場で需要が徐々に回復しつつあるとして、今年のタイの輸出見通しを7月に示したマイナス10%からマイナス8%に上方修正した。

カンヤパットTNSC議長は、「9月から12月にかけて月間輸出が195億~200億米ドルに達すれば、今年1年間の輸出成長率はマイナス8%にとどまることになる」と指摘している。

なお、8月の輸出は202億米ドルで、前年同月比でマイナス7.9%だった。

関連記事

ページ上部へ戻る